そごう 西 神 中央 閉店。 そごう西神店の閉店後はどうなる?跡地の再開発は進んでる?|Tomo’s Walking Discovery

そごう・西武が「西武大津店」など5店舗を閉店、従業員1300人の削減も

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

最寄の駅 [ ]• 2019年2月期は売上高93億1800万円(3. 11月 - そごう創業者、十合伊兵衛の像がに移設される。 僕が思うに、西神中央駅が終着駅で行き止まりいうのがよろしくなかったと思いますね。 どの店舗も、そごうが立つほどの都市ですから、その都市や地域で商業の中核を担っている施設です。

かねてより、 そごう西神店(神戸市西区)を含む三店舗の予定でしたが、そごう西神店のみ譲渡額などの条件面で交渉が難航したようで、結局は そごう西神店はその対象から外された というわけです。

西神中央にある「そごう西神店」が2020年8月に閉店するみたい

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

閉店する5店舗はいずれも営業不振が続き、業績改善が見込めなかったことから、同社は営業終了を決定。 商業施設やオフィスの集積を進めて、西神など周辺エリアに若い世帯を誘導して市全域の活性化をめざして行くとのことなので、商業施設、テナントの誘致に力を入れてくようです。 臨海部の再開発地区「」に新規出店した店舗。

1
双日は2021年11月までの本格開業を目指すが、1階を神戸市の希望通りに食品フロアとし、先行して今秋にオープンさせることも検討すると市に伝えているという。

【神戸】西神中央駅ショッピングセンター 2020年12月4日(金)開業【旧そごう西神店の後継商業施設】

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

阪急神戸本線• - 独立局時代、加古川そごう・西神そごうと共にMusic Clock(時報)スポンサーだった。

「西武岡崎店」は2000年9月22日開店、営業面積は1万6406m2、ピーク売上高は2008年2月期の102億7300万円。 民事再生直後に改装され、再び赤へ変更された。

そごう西神店の後継事業者「双日」が手掛ける商業施設とは?お店を探る!

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

リム・ふくやまのエレベーターは三菱製で南側と東側と駐車場側(北西側)の3箇所あり、駐車場側(北西側)はピヨピヨ鳴りますが、南側と東側はピヨピヨ鳴りません。 そごう西神店の撤退を受けて、後継事業者の有線交渉権者が双日に決定。 (平成28年) 9月以降 そごう創業者・十合伊兵衛の像が、閉店して大丸に売却されたから移設される。

14
関西からそごうが消えてしまうのは、とても悲しいのですが、それに成り代わる何かもっと今の時代にあった商業施設に生まれ変わる可能性が高いと思いませんか? もしかしたら、神戸ハーバーランドにあるウミエのようなショッピングモール的なものに生まれ変わるかもしれませんね。

【神戸】西神中央駅ショッピングセンター 2020年12月4日(金)開業【旧そごう西神店の後継商業施設】

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

「そごう」という名前が残って欲しいという気持ちよりも、「阪急か阪神百貨店になる?」という期待のほうが大きかったのですが、それはなくなったわけですね。 「三宮阪神ビル」でありながらではなくそごうが営業していたのは、当時阪神電鉄は梅田に「阪神マート」を開業したばかりで百貨店のノウハウに乏しかったため、当時心斎橋にしか存在しなかったそごうをキーテナントとして招へいしたためとされている。

9
旧「そごう神戸店」が阪急阪神へ売却される際にも、「そごう西神店」も一緒に売却を検討されていましたが、途中から外れてましたので、相当厳しい状況であったと思います。 関係者によると、そごう西神店が入居していた建物を管理する神戸市の外郭団体「神戸交通振興」(神戸市長田区)は、そごう西神店のテナントに対してアンケート調査を実施。

8月末で閉店のそごう西神店跡、双日が商業施設を展開へ 優先交渉権獲得

西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神 西 閉店 中央 そごう 神

残念! しかし、プレンティも改装していましたし、神戸市西区庁舎移転に向けて西神中央全体がリニューアルされる方向にむかっていることは確かですね。 そごう西神店は閉店後どうなるの?最新情報! ここでは、2019年11月16日の最新情報も含めて、そごう西神店閉店後について、お伝えしたいと思います! そごう西神店閉店が決まってから、1か月が経ちましたが、建物を保有する神戸市の所管・交通局はモタモタしているようです。 神戸市は西神中央駅を西区の拠点としての役割を高める為、西区役所の新築移転や文化複合施設の建設等、駅周辺での公共施設の集積を進めようとしている矢先に出鼻を挫かれた格好のようですが、 このそごう閉店で、この駅ビルをどのように生まれ変わることが出来るかで、神戸市西区の運命が分かれるといっても過言ではないと思います。

しかし、ほぼ全員がそごう神戸店出身の従業員で構成される「 神戸阪急」としての方向性を考える五つのプロジェクトチームが2018年1月に発足。 1933年に開業したそごう神戸店は70年代以降、売上高で神戸の「地域一番店」になった。