丹青 社 株価。 丹青社【9743】銘柄評価 おすすめな高配当株か?

(株)丹青社【9743】:株主優待

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

また、商業施設の運営・管理、事務機器等のレンタル・販売、労働者の派遣等の事業も行う。

取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 当社は、商業その他施設事業、チェーンストア事業並びに文化施設事業に関わる総合ディスプレイ業を営んでおり、また、主な関係会社各社と報告セグメント等との関連は次のとおりであります。

丹青社 (9743) : 株価/予想・目標株価 [TANSEISHA]

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

様々な施設での空間づくりプロセスを一貫して手掛けている。 オリンピック後は様子になりそうなので、長期保有のメリットは不確定。

オリンピック需要で来期は絶対増益になるので、様子見しながら保有もありかと思います。

丹青社(9743)の配当金推移や権利確定日など

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。

4%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。

丹青社の売上高や利益、経営指標などの最新業績

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

丹青社は、2020年1月期の中間配当(7月・実施済み)が「20円」、期末配当(1月)の予想は「22円」、合計の年間配当額は「1株あたり42円」と発表した。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 株 丹青ディスプレイは、商業その他施設事業に関わる設計・施工を行っております。

11
総合評価の説明(12項目の5段階評価から算出) Sランク : 長期投資して安心して配当をもらい続けることができそうな超優良銘柄。 31%(配当実施企業のみ)なので、 丹青社の配当利回りは「かなり高め」と言えるだろう。

(株)丹青社【9743】:株主優待

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

また、東証上場の1015銘柄に限り1株単位での売買が可能! その売買手数料が日中なら約定金額の0. 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 2020年1月期の配当は「1株あたり42円」だったので、前期比で「2円」の増配となる。

ザイ・オンライン編集部(2019. 頻繁に売買しない 初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する 専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ! 【関連記事】 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。

丹青社 (9743)

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

参考:2019年4Q決算資料より まとめ• 2021年1月期(通期)の連結業績予想は、売上高7. 自社グループの事業に対する理解を深めていただくために、保有株数及び保有期間に応じた自社及びグループ会社の製品・サービスを贈呈いたしております。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。

4
みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,014円 、証券アナリストによる予想では【強気買い】 予想株価 1,000円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 563円 と判断されています。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。

(株)丹青社【9743】:株式/株価

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

今回の増配発表によって、 丹青社の配当利回り(予想)は4. 株 丹青TDCは、商業その他施設事業に関わる施工を行っております。 ある市場関係者はそう指摘し、ホンダを慮った。 若干景気敏感株なので、次の経済危機等でも業績悪化しそうですが、これまでに規模拡大と安定利益体質を作っているので、前回ほど悪くはならなそうな個人的予想です。

14
したがって、その影響の程度によっては2021年1月期の年間配当額も上下する可能性がある。

9743.T

社 株価 丹青 社 株価 丹青 社 株価 丹青

丹青社が発表した2020年1月期の決算短信によると、2021年1月期の予想配当は中間配当(7月)が「22円」、期末配当(1月)が「22円」、合計の年間配当額は「1株あたり44円」となっている。

9
同社は3日、米ゼネラル・モーターズとの協業拡大を発表。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。