古楽 の 楽しみ。 古楽の楽しみ 選▽バルト海沿岸の都市で演奏された音楽(1): ちょっとカゲキなクラシック評論

#古楽の楽しみ X BWV654

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

1日目は、アンドレアス・オスヴァルトの作品を中心に 17c中部ドイツ ワイマールの宮廷オルガン奏者を父に持つ 1650年父親がそうであったようにワイマールの宮廷オルガン奏者に就任 ~~~~~ 「ソナタ 第1番」 アンドレアス・オスヴァルト:作曲 (合奏)ケリキュス ~~~ ヴァイオリンパートの装飾や緩急の入れ替わりがどこかコレッリを思い出す。 Karl Richter 独• Andrew Manze 英• ただし、これらは鍵盤楽器ではありますが、鍵盤を押すと爪で弦を弾く構造になっているので、ハンマーで弦を叩くピアノとは原理の違う楽器らなります(弦を叩く原理のクラヴィコードという楽器もあります)。 教会カンタータのバッハ作品では、まず、 BWV1 が、教会カンタータの 1 番です。

4
ドイツのプロテスタント圏におけるマリアの音楽を ヒエロニムス・プレトリウス、シュッツ、ミヒャエル・プレトリウス、バッハ、4人の作曲家の作品でご紹介します。

鈴木 優人

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

Helmut Walcha 独• Harry Christophers 英• 2009年に創立された合唱団、 harmonia ensemble の団員として、2011年に行われた第40回トゥール国際合唱コンクール フランス にてグランプリを受賞、以降、2012年ヨーロッパグランプリ スロヴェニア 、2013年南フランス国際合唱フェスティバル フランス 、2014年第10回世界合唱シンポジウム 韓国 などに出場し、数多くの合唱経験を積む。 「コラール「愛する魂よ、美しく装え」BWV654」 バッハ:作曲 (オルガン)ジャン・ボワイエ (7分48秒) <Stil 0607 SAN88> 以前も登場 togetter. また、チェロに似たヴィオラ・ダ・ガンバ、バロック・ヴァイオリン、リュート、リコーダー(ブロックフルーテ)……。 HESPERION XXI• 宮廷音楽家ヤコブ・ルートヴィヒの手による アウグスト二世83歳の誕生日を祝し1662年編纂、手書き 王妃ソフィー・エリザベスに献呈される ~~~~~ 「6声のソナタ」 アントニオ・ベルターリ (合奏)アルモニー・ウニヴェルセル、(指揮とバイオリン)フロリアン・ドイター 40年にわたってハプスブルグ家に仕える ~~~~~ ルートヴィヒ写本は全体で100作品 作曲家の帰属に間違いも 参考元が原因 「ソナタ「ラ・チェスタ」作品3第2」 パンドルフィ・メアッリ (合奏)ル・コンセール・ブリゼ、(コルネット)ウィリアム・ドンゴワ ジョヴァンニ・アントニオ・パンドルフィ・メアッリ シエナ近郊で生まれたヴァイオリニスト 1687マドリッドにて没 ~~~~~ 「3声のソナタ 第3番」 ベルターリ (合奏)アルス・アンティクァ・アウストリア、(指揮)グナール・レツボール J. 古楽の楽しみで、関根敏子氏の案内の~フランソワ・クープランの作品を中心に~というフランスのバロック音楽の回が終わりました。

Parley of Instruments• 2015年より長野県の原村で「はらむら古楽祭」を企画開催、指揮者またオルガン、チェンバロ奏者として演奏会を行う。

古楽

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

東京藝術大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。

20
前番組のスタイルを踏襲し、・時代からに至るまでのクラシック音楽にスポットを当て、月-木曜は毎週1つのテーマに沿った楽曲の紹介、金曜はリスナーから寄せられたリクエスト曲を放送する。

古楽

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

「トッカータとフーガ へ長調 BuxWV157」 ブクステフーデ:作曲 (オルガン)ジョゼフ・ノーラン (4分55秒) <Signum Classics SIGCD546> 「「幻想曲とフーガ ト短調」BWV542から「幻想曲」」 バッハ:作曲 (オルガン)ジャック・ファン・オールトメルセン (5分51秒) <CHALLENGE CLASSICS CC72153> 「「ライプチヒ・コラール集」から「いと高きところには神にのみ栄光あれ」BWV664」 バッハ:作曲 (オルガン)ジャック・ファン・オールトメルセン (6分05秒) <CHALLENGE CLASSICS CC72153> 「前奏曲とフーガ ホ短調」 ブルーンス:作曲 (オルガン)ピート・ケー (9分22秒) <BRILLIANT CLASSICS 99759/2> 「トッカータとフーガ へ長調 BWV540」 バッハ:作曲 (オルガン)ジャック・ファン・オールトメルセン (16分40秒) <CHALLENGE CLASSICS CC72153>. 音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開する。 (2017年6月16日放送) 詳しくは をご覧ください. Richard Egarr 英• ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント、Salicus Kammerchor、Ensemble Salicus、vocalconsort initium、ENSEMBLE XENOS、メンバー。

8
エンディング:ヘンデル「水の上の音楽・ヘ長調からパスピエ」 歴代パーソナリティー [編集 ] 下述の人物は2016年3月まで全員前番組からの続投である。 1996年以来ア・カペラの声楽アンサンブルである「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」の音楽監督としてグレゴリオ聖歌とルネサンス音楽の演奏を続ける。

講師プロフィール|フォンス・フローリス古楽院

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

Drottningholm Court Baroque Ensemble スペイン [ ]• YAGIアンテナ 室内ブースタ U・V増幅CS・BSパス F形接栓タイプ HR-W35-B 3.サイト >また、生放送ではなく録音で聴きたいのですがHNK-FMの放送を録音してあるサイト等 googleの動画検索で、一部はでるかもしれませんが、正式サイトに無い以上、無理だと思いますよ。 Oman Consort• オランダ [ ]• 1960年代以降には、研究も進み、レオンハルト、アーノンクール、ホグウッドといった指揮者が活躍し、古楽演奏は一種のブームとなり、現在ではすっかり定着しています。 主要な著訳書:『古楽演奏の現在』 監修 、『西洋の音楽と社会:後期バロック』 監訳、2巻 『ドメニコ・スカルラッティ』[いずれも音楽之友社]、 A. 合唱団Ogmios指揮者、聖心女子大学グリークラブ常任指揮者。

[ ]• Scott Stonebreaker Ross 米• Concerto Copenhagen ドイツ [ ]• The Academy of Anient Music• Nicholas Kraemer 英• なお、2018年よりリクエストコーナーが月一回(第一金曜日)のみから月二回(第一・第三金曜日)に変更されている。 プログラムを参考に図書館やレンタルショップでそろえるしかないんじゃないでしょうか。

鈴木 優人

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

国立音楽大学楽理科卒、同大学研究所研修課程修了、6年ほどイタリアに留学、ミラノ市立音楽院バロック声楽科修士課程修了。 金曜日• ヴォーカル・アンサンブル カペラメンバー。 この項目は、に関連した です。

12
Joshua Rifkin 米• 花井哲郎 Tetsuro Hanai フォンス・フローリス古楽院院長 古楽演奏家。

古楽の楽しみ

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

第18回齋藤秀雄メモリアル基金、第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。 オープニング:「・ヘ長調からアレグロ」• Wanda Landowska• これらの楽器は構造も材質も音程も楽譜も、現代のものとは異なっています。 Jean-Claude Malgoire 仏• Philippe Herreweghe 鍵盤楽器奏者・指揮者 [ ]• 日本合唱協会(室内合唱団「日唱」)ピアニスト。

14
アルベルネユーゲントコール、立教トリニティコール、行徳混声合唱団、常任ピアニスト。 I Barocchisti• Les Musiciens du Louvre)• 外部リンク [編集 ]• Ensemble Aurora• Fabio Biondi 伊• 来週月曜日からの古楽の楽しみ、ヘンデルの回もなるべく聴いていきたいと思います。

古楽の楽しみ ▽バッハ歌手の歴史をたどって(1) : 古楽忘備録

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

バロック時代までの鍵盤楽器は「チェンバロ」と呼ばれ、国や様式の違いによってハープシコード、スピネット、クラヴサン、ヴァージナルなどとも呼ばれます。 (Tallis Scholars)• 昔、私がバロック音楽と聴いていた音楽は、フランス、ドイツ、イタリア、イギリスのバロック音楽であって、バルト海沿岸の都市の音楽というものは録音もありませんでした。 (2011年9月12日放送) 3月13日(火) 「ドイツ・バロックのカトリック音楽」 バッハが、カトリック教会の典礼文に作曲した「ロ短調ミサ曲」の後半を中心にお送りします。

第6回山梨古楽コンクール第3位入賞。 そのうち日曜は最初の半年はの司会で「ルネサンス以前の音楽」という題で放送していたが、シリーズが完結したため10月からリクエストコーナーに変更された。

古楽の楽しみ~その案内の方々~: ちょっとカゲキなクラシック評論

楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の 楽しみ 古楽 の

また声楽と器楽による「古楽アンサンブル コントラポント」のリーダーとして、主にバロック時代の宗教音楽演奏に取り組み、2016年には Ottava Records レーベル第1弾としてモンテヴェルディ「聖母の夕べの祈り」のライブ録音をリリースする。

指揮者としてアンサンブル金沢、NHK交響楽団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。