雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・読み方

『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」用言と助動詞の品詞と活用形&現代語訳まとめ!

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

2 この宮の人には、さべきなめり。

20
古典の「雪のいと高う降りたるを」の問題 現代語訳 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って格子を下ろし申し上げて、炭櫃に火をおこして、私達女房が話などをして集まってお控え申し上げていると、 「少納言よ、香炉峰の雪はどうであろうか」とおっしゃるので、他の女房に格子を上げさせて、私が中宮の前の御簾を高く上げ巻き上げたところ、 中宮はお笑いになる。 「こそ」を受けて已然形となっている。

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・読み方

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

(私(作者)が女房に)御格子を上げさせて、御簾を高く上げたところ、(中宮定子が)お笑いになる。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 176段 雪のいと高うはあらで、薄らかに降りたるなどは、いとこそをかしけれ。 やはり、この中宮にお仕えする女房としては、そのようにあるべきなのでしょう。

10
人々も、「さることは知り、歌などにさへうたへど、思ひこそよらざりつれ。 やはりこの中宮様にお仕えする者としては、ふさわしい人のようだ。

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

だって、雪が高く積もっていたこの日、御格子が下ろされていたのは、 定子様が寒く思われないようにと、女房たちが配慮したことだったかもしれません。 【現代語訳】 雪がそんなに高くなく、うっすらと降り積もっているのはとっても風情があるわ。 あけぐれのほどに帰るとて、「雪なにの山に満てり」と誦じたるは、いとをかしきものなり。

ここでは、作者(清少納言)が御格子のそばにいた女房に御格子を上げさせたということである。

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・読み方

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

女房達も「そのようなこと(白居易の詩)は知っていましたし、歌などに詠むこともありますが、(御簾を上げて外の雪景色を見えるようにすることは)思いつきませんでした。

3
香炉峰の雪はどんな感じでしょうか?」と定子がおっしゃるので、 御格子上げさせて、 語句 上げさせて(ここには敬語が使われていないので、上げさせたのは、定子ではない。 人々は、「みな、その詩は知っているけれど、とっさに行動には出てこないわ。

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

初雪です。 」と言ふ。

5
他の女房も白居易は知っていましたが、 それを行動で表すという対応は思いつきませんでした。 女房達も、「そのような漢詩(白居易の「香炉峰下~」の漢詩)は知っており、歌などにまで歌うけれども、(御簾をまき上げる動作でお答えするということは)思いつきませんでした。

枕草子「雪のいと降りたるを」 問題

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。 宵もや過ぎぬらむと思ふほどに、沓(くつ)の音近う聞ゆれば、怪しと、見出したるに、時々、かやうの折におぼえなく見ゆる人なりけり。 」とおっしゃるので、 ・ いかなら … ナリ活用の形容動詞「いかなり」の未然形 ・ む … 推量の助動詞「む」の終止形 ・ 仰せ … サ行下二段活用の動詞「仰す」の未然形 ・ らるれ … 尊敬の助動詞「らる」の已然形 [ ] Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved. 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせ給ふ。

1
) 私は他の女房に御格子を上げさせて 御簾を高く上げたれば、 語句 上げたれば(ここも敬語がないので、主語は清少納言) 御簾を高く巻き上げたところ、 笑はせたまふ。 そのようにただでさえ寒いのに、雪が降ったりすると格子を上げていつもは雪を見るんだそうですから、その風流さは尋常ではありません。

枕草子『雪のいと高う降りたるを』解説・品詞分解

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

前にもこのブログで紹介したことがある歌ですが、雪は吉兆ともされていました。 人々も、「そのようなことは知り、歌などにまで歌うが、思いもよらなかった。

14
座布団を差し出しても、片足は外に垂らしたまま縁側に腰掛けていて、夜明けの鐘の音なども聞こえるまで話す、 こういうお喋りは部屋の内でも外でも飽きることがないわ。

『枕草子』の「雪のいと高う降りたるを」の段で、

語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高 語 う 降り の を 現代 雪 いと たる 訳 高

なほ=副詞、やはり 宮=名詞、皇族の敬称、天皇の親族である人のことをいう。

17
1 笑はせ給ふ。